らんちゅう飼育の質問コーナー

らんちゅうの病気・治療方法に関するご質問

外傷等何もないのに突然魚が全滅してしまい非常にショックです。思い当たる原因等ありましたらお教えください。(2月下旬 明け二歳)
全滅ということで非常に残念でした・・・・・・・。 原因を推測ですが、2,3あげさせていただきます。 1・水温が低くなりすぎた。 2・水温が低いのに餌を与えすぎてしまった。 3・体に白い出来物がありませんでしたか? 4・新しく購入した魚がありませんでしたか?(いつごろ) 1~4にて当てはまることがありますか? また、死んでしまったのは、一気に全滅しましたか? それとも、パラパラと死んでいきましたか?
水槽はFRPで現在水温15~18℃の間で飼育しています。餌もそれほどの量は与えておりません。 実は昨年の暮れに購入した魚がおりまして、それを入れたとたん若干白いできもの(鰓の回り、頭)が目立ち始め、0.5%食塩水浴しましたが10日間で全部死んでしまいました。朝は普通でしたが昼には浮いていた状態でした。三共組より購入した魚は別の船でなんともありません。(前回答に対する再質問)
お返事いただきました内容から判断するとヘルペスに間違いないとおもい ます。 頭に付く白のできものは、頭が発達するときにできるものですが、体の回りについ ていませんでしたか?また、15度~18度の水温は、一番ヘルペスが、発生しやすい温度です。 空気感染したり、同じ用具を使用すると感染しますので注意して下さい。

できれば、到着した魚は、隔離して一週間くらい様子を見てください。 その後、病気等が発生しなかった場合は、(一週間~10日)同じ日に水換えをして 同じ容器に入れてください。 これは、らんちゅう自体が細菌を持っていますので出荷時には、わからなくても環境 が変わりその細菌が発病する可能性があるからです。(到着時に病気の魚は例外で すが、ヘルペスにかかり、発病するまでが一週間から10日です。)
雄の魚が白点病になりました。今のところ別にしています。どうしたらよいですか。(2月下旬 明け二歳)
白い点は、手でさわって取れますか?取れるのであれば白点病です。白点病の場合は、古い水を多めにして、水換えします。その中に塩を0.3%~0.5%入れる。そして水温を上げることが白点病の基本です。 これは鰓病の時と同じです。 また最近はウイルス性の病気が多発しておりますので0.5%を基本として0.5%~0.7%まで調整し塩を入れていただいたほうが良いでしょう。 プラス、マラカイトグリーンとゆう薬がありますので、この薬で薬浴さるのがスタン ダードな方法です。冷えから白点病になりますので冷えないように注意してください。
肉瘤に白い小さな点が出来ているのですが・・・(2月中旬 明け二歳)
実際に現物を見ていませんので判断できませんが、これは、頭が発達するときのものであると思います。 頭のみの場合は、良いのですが、体についている場合は、病気の可能性がありますのでご確認ください。
らんちゅう歴2年目です。これまでらんちゅうをいくつか購入してきましたが、8割以上★に・・。 何分ご指導の程宜しくお願い致します。 (1月下旬 明け二歳)
私どもでは、到着から放流までの手引書は、随時付けさせていただいていますのでご安心ください。 実際にらんちゅうが到着し2週間が一番不安定なときです。2週間で飼育されている水質に魚があえば死んでしまうことなく 飼育していただけると思います。 らんちゅうが死亡してしまう最大の原因は、餌です。餌を極力控えて魚が、随時餌を欲しがっているような状態にしていただければ、魚 は健康に育っていくでしょう。 また、その次に水質です。水槽飼育の場合は、濾過装置をかけていますので常に水が綺麗な状態のように思いがちですが、らんちゅうは、とても繊細な魚なので一定期間で少しづつ水を入れ替える必要があります。 飼育に関しては状況に応じて逐一変化いたしますので、お気軽にご質問して下さい。